リッドキララ 口コミ

リッドキララは目の上のたるみに効果なし?口コミに苦情が?!

目の上のたるみを改善するためのアイクリームとして人気のリッドキララ。

ネットの口コミでも注目されている商品ですが、実は悪い口コミもチラホラ見かけます。

こんな口コミを目にしたら、これから試そうとしている方は不安になりますよね。

というわけで、リッドキララの口コミを調査して、リッドキララの真相に迫りたいと思います。

リッドキララが気になる方は、是非、こちらのサイトをチェックしながら検討してみて下さいね!

リッドキララって効果なし?口コミの情報は本当に真実なの?

まずは、リッドキララの口コミを調べてみました。

どれも、信憑性の高い口コミをピックアップしています!

全く効果なし(40代女性)

期待して購入したのに効果がなくて残念でした。

目の上のたるみが取れるって良い口コミばかりだったのに、どうして私だけ?という感じです。

口コミが本当なのか疑わしく思ってしまいます。

まだ使い始めて2週間なので、もう少し様子を観察したいと思います。

 

年齢的に限界かも?(60代女性)

リッドキララを1本を1ヵ月で使い切りましたが、あまり効果を感じられませんでした。

使った時に、確かにハリ感はあるのですが、一重から二重に根本的に治る気配がしません。

塗って乾かした後に、うっすら二重になっているかな~?という感じです。

年齢的に、かなりたるみがすすんでいるので、もう少し続けないと効果がでないのかもしれませんが、今の様子で続けて良いものか悩みます。

無駄なことに投資をしたくなし、続けるか悩んでしまします。

 

残念ながら二つの口コミはリッドキララに関する悪い口コミですね・・・

しかし、この2人の口コミには、ところどころ問題点が感じられます。

まず、2つの口コミに共通しているのは、継続期間が短いという点です。

リッドキララは皮膜を貼ることによって、速効性のある効果を得られることができますが、根本的なたるみを解決するには、継続することがひつようになります。

口コミでは、少なくても3ヵ月程度は継続されている方が多いです。

また、速効性のある効果を得られない場合の多くは、使用方法が間違っていることが考えられます。

リッドキララはアイクリームですが、塗るだけでは上手く皮膜を形成できないこともあります。

下垂したまぶたを指で引き上げながら、リッドキララを薄く塗るようにします。

さらに、ドライヤーなどで乾かすことでピンと張ったまぶたを手に入れることができますよ!

効果なし!とすぐに諦めてしまっては、今までのケアを無駄にしてしまうことになってしまいます。

根本的な解決を望むのなら、少なくても3ヵ月は様子をみましょう。

リッドキララは効果あり!継続している人の口コミ

リッドキララの悪い口コミもありますが、ほとんどの方が良い口コミです。

どのような化粧品にも悪い口コミはつきものですので、その口コミの内容が全てというわけではありません。

良い口コミも悪い口コミと同様に、参考程度にして、自分でケアを実践して継続できるかを決断すると、間違いがありませんよ。

では、リッドキララの良い口コミを見てみましょう!

目の上のたるみがスッキリ!(50代女性)

これはスゴイ!

本当に速効性もあるし、継続して2ヵ月くらいで通常でのまぶたの状態も変わってきました。

もう、このまま老人化していくのかな~と思っていましたが、希望の光が見えました。

もう少し女性として頑張って行こうという気持ちにさせてくれるアイテムです。

たるみがへりました!(40代女性)

塗った翌朝には、必ずふっくらとしたハリ感を感じることができます。

でも、正直なところ、継続しても、たるみが本当に完結できるのかは疑問でした。

でも、1ヵ月くらい経過したころから、まぶたの形や目の印象が少しずつ変わってきました。

諦めていた気持ちでいたのに、まだ、お手入れをすれば、なんとかなる!頑張ろう!っていう気持ちに変えてくれました。

今では、毎日自分の鏡を見てチェックするのが楽しみです。

アイメイクが映えて自分に自信(50代女性)

まぶたが下垂し、くぼんだような目の印象が自分でとてもコンプレックスでした。

なんとかしたい!と思っても、くぼみをなんとかする方法が見つからず、ずっと悩んでいました。

そんな時に、リッドキララを始めたら、驚くほど効果を実感できて、すぐに継続して頑張ってみよう!って思うようになりました。

今では、少しずつ目の印象・顔の印象も変わりだし、自然に笑顔も増えました。

アイメイクが映えることで、自分にも自信が持てるようになりました。

感動しました!(50代女性)

正直、諦めていたので、効果を実感できた時は感動しました。

そもそも、たるんで下垂したものは、手術以外には方法がないと諦めていました。

でも、しっかりと毎日ケアし続けているうちに、だんだん自分の目元が変わっていくのが解りました。

自然に表情も明るくなり、毎日、鏡を見ながらメイクをするのが楽しくなりました。

これからも、リッドキララで年齢サインと戦っていくつもりです。

着実に改善に向かってる(40代女性)

若いころは二重だったのに、たるみのせいで一重になってきているのが凄く気になっていました。

以前より二重の幅が狭くなり、目も細くなった印象です。

これは、本当に改善できるのだろうか?と手術まで検討してみましたが、リッドキララで改善の兆しが見えてきました。

まだ使用して1ヵ月ですが、少しずつ目の印象が変わってきています。

まだ、はっきりとした結果は出ていませんが、このままケアを続けたら、以前の二重のようにくっきりしてくるかな~という傾向があります!

もう、アイプチをする年齢でもないし、突然パッチリ目になるのも恥ずかしいから、リッドキララで程よく徐々に改善してくれるのも嬉しく思います。

満足されている口コミが多いようですね。

やはり、継続と正しい使い方が、リッドキララを使用する上で重要なポイントのようです。

同じお金を払っているのに、自分だけ効果がでなかったら、ちょっと悔しいですよね。

丁寧にお手入れを継続していきましょう!

リッドキララは、どのくらいで効果がでるの?

リッドキララは、お伝えした通り、3ヵ月程度を目処に継続することが大切です。

早く効果が表れてくれないと、不安で継続できないよ!という方も多いかもしれません。

しかし、ただ3ヵ月使用していれば必ず効果が表れるわけではありません。

正しく使っていることが前提になります。

継続3ヵ月以内でも、「やっぱり変化が全くないな」と感じた場合には、次のポイントをチェックしてみましょう!

<効果が感じられない時のチェックポイント>

1.塗る量が少ない・多い
リッドキララのよくある失敗例に塗る量が多すぎるという点があります。

速効性のある効果を得るためには、薄く塗って皮膜を作る必要があります。

一般的なアイクリームの場合、たっぷり塗るのが良しとされている傾向がありますが、リッドキララは同じではありません。

薄く塗って乾かして、皮膜を作ることが大切です。

2.皮膜が作れていない
皮膜を作れていない原因としては、リッドキララを塗り過ぎている点と、下垂したまぶたを引き上げながら塗れていない点が考えられます。

いくら皮膜ができていても、正しく引き上げられた状態で作られていなければ意味がありません。

ひとつひとつの工程を丁寧に行っていきましょう。

乾かす時は、軽くドライヤーを当てると時間短縮にもなりますよ!

3.引き上げながら塗れていない
正しい皮膜の作り方は、指で下垂したまぶたを目頭から目尻、さらに眉尻の方に向かって引き上げながら塗ります。

そしてさらに乾かすことで皮膜が完成します。

鏡を見ながら、指を使って薄く塗っていきましょう。

4.数日でケアを止めてしまっている
毎日のケアは、誰でも面倒に感じてしまうものです。

でも、リッドキララは継続することで、結果として自分に返ってくる嬉しいアイテムです。

アイプチのように、その場限りの効果ではありません。

もちろん、速効性もありますが、継続することにこそ意味のある化粧品であることを忘れないようにしましょうね。

5.毎日使用していない
忙しくて、時間がない!忘れてしまった!ということもあるかもしれませんが、効果を実感するために、毎日継続していきましょう。

時々お休みすると、その分結果が遅くなる!と自分に言い聞かせるのも良いかもしれませんね。

美しさは一日では手に入りません。

魔法の化粧品は、この世には存在しません。

ただ、継続するのみなんですよ!

必ず、リッドキララで嬉しい変化を実感してみて下さいね。